お客様の声

20180218_snowmountain_03.png
  • TNK 様
  • 投稿日:2018年02月22日

山頂は踏めませんでしたが、初の腰ラッセルと悪天候の中での登山で山の経験を積むことがてきました。ガイドさんがいないとなかなかできない良い経験でした。

20180218_snowmountain_03.png
  • Shoji 様
  • 投稿日:2018年02月21日

天候に左右される雪山、風と極寒、ホワイトアウトの厳しい中でも、ガイドさんの誘導でワカン歩行をしっかり学ぶことができました。個人では絶対に身につけることができない貴重な体験をしました。

20180217_iceclimbing_02.png
  • hishi 様
  • 投稿日:2018年02月20日

先日は大変お世話になりました。暖かい山荘で仮眠できて、朝早く行動することで、良いルートをたっぷりと楽しむことができました。全体計画や時間管理が良いと思います。今後も宜しくお願いします。

20180218_climbing_02.png
  • M田 様
  • 投稿日:2018年02月20日

天気もよく、適度に空いていて気持ちのよいクライミングとなりました。ありがとうございました。次はクラックに挑戦しようかと思います。

20180217_iceclimbing_02.png
  • Swd 様
  • 投稿日:2018年02月19日

車のない者としては、送迎があることが非常に有難いと感じました。
参加者が大人数になず、適度に登れてよかったです。
今度はアイスクライミングのリ-ド講習があれば、参加したいと思いました。

お店からのコメント

Swd様

お世話になります、LOC事務局 岡村です。
イベントへの参加、コメント頂きありがとうございました。

当日はかなり気温が低かったので、クライミングかビレイを適度に交代できて良かったですね。アイスクライミングのリード講習に関して、本シーズンは受付終了しましたが来シーズンも開催予定です。ぜひご検討ください。

また、新宿から登山口までの送迎に関しては、当クラブのガイドが移動する車に乗り合い頂いています。当クラブのポリシーの一つとして、「エコロジー」という概念を持っています。参加者全てが個別に登山口に車で行く形態は、排ガスや駐車場利用等の観点から、エコロジーではないと考えており、現在の運営に至っています。

20180203_snowmountain_02.png
  • おくまさん 様
  • 投稿日:2018年02月06日

3名のお客に2名のガイドが付く、安心この上ないイベントでした。イベント自体の評価は最高点です。しかしながらイベント案内の持ち物一覧は改善の余地があると思います。例として、ハーネスですが、クラミング用が指定してありますが雪山縦走であればアルパイン用の方が軽く、且つアイゼンをつけた状態でも容易に装着できることから、よいと思われます。また、必要以上のカラビナの数(6個)が指定してあったと思います。その他としては雪山装備としてシャベルの記載が共同装備の一覧にもありませんでした。よろしくお願いします。

お店からのコメント

おくまさん様

お世話になります、LOC事務局 岡村です。
イベントへの参加、コメント頂きありがとうございました。

イベント案内の持ち物一覧に関してのご指摘ありがとうございます。
まずは、共同装備のシャベルについて、ご指摘の通り記載がありませんでしたので、今後のイベントについて全て追記させて頂きました。また、ハーネスの選定についてもおっしゃるように軽量のアルパインハーネスでも問題ないので、その点を捕捉させて頂きました。

ただし、カラビナの数量については、現状の通りの記載とさせていただいています。安全環付カラビナを3つに指定させて頂いている理由は、(1)下降器・確保器用、(2)自己確保用、(3)予備です。また、フリーカラビナ3つの理由は、(2)2本のソーンスリングをそれぞれ装着するため、(2)予備です。

積雪量や風、気温、人数、参加者の経験等の条件によって、根石岳周辺や天狗岳周辺でロープの確保が必要な場合があり、ホームページではその点を考慮した最大の装備を記載しています。せっかくお持ちいただいたカラビナを出発時に車に置いていただいたのは、上記条件を検討し、より軽量化を重視した戦略を取ったためです。現場でのご説明が足りておらず、大変失礼しました。

なお、装備については、ホームページでの記載が原則の持ち物となりますが、出発前に調整させて頂くこともございますことをご了承いただけると幸いです。

20180127_iceclimbing_02.png
  • アンドレア 様
  • 投稿日:2018年02月05日

アイスクライミングの楽しさを十分に味わうことが出来た2日間でした。
夕食は皆で協力して作った鍋🍲
学生時代に戻ったみたいです。
大クイズ大会でいただいた賞品は今後大活躍することでしょう。
帰りは道の駅で買い込んだ野菜でまさかの大荷物でした。

お店からのコメント

アンドレア様

お世話になります。サポーターの杉本です。
イベントへの参加、コメント頂きありがとうございました。

アイスクライミングのイベント、楽しんで頂けたようで良かったです!
アイスクライミングは勿論ですが、普段のイベントでは出来ないようなコテージ泊や皆で作った夕食を囲んだりするのは、楽しいですよね。ノベルティも気に行って頂けて良かったです!今後のクライミング等に是非ご活用ください。

日本人ですので、その土地の旬の食材を食べたくなりますよね。せっかく長距離を移動して遠出しているので、イベント行程に影響のない範囲で、ご希望によっては道の駅等にちょっと寄り道することも可能です。

20180127_iceclimbing_02.png
  • hishi 様
  • 投稿日:2018年01月31日

先日は大変楽しいイベントでお世話になりました。写真もたくさんいただきありがとうございます。サレワの商品までいただき嬉しく思います。地元の食材を使った鍋や、お酒もとても美味しかったです。また次回宜しくお願いします。

お店からのコメント

hishi様

お世話になります。サポーターの杉本です。
イベントへの参加、コメント頂きありがとうございました。

イベント、楽しんで頂けたようで良かったです!
今回のイベントは、普段参加頂いている方にアイスクライミングは勿論ですが、イベント全体をもっと楽しんで頂こうという思いから毎年このシーズンに企画しているお楽しみイベントです。
普段のイベントではなかなかないようなコテージ泊や夕食の団欒、ノベルティの提供などを企画しましたが、楽しんで頂けて何よりです。

20180120_iceclimbing_02.png
  • アンドレア 様
  • 投稿日:2018年01月27日

慣れてなく わからないことだらけでしたが、先輩達に色々と教えていただきました。
和気あいあいの雰囲気がとてもいいです。
そして何より嬉しいのが、現地集合ではなく車で連れていっていただけること。
電車の乗り継ぎの緊張から解放されます。

お店からのコメント

アンドレア様

お世話になります、LOC事務局 岡村です。
イベントへの参加、コメント頂きありがとうございました。

イベント自体が《中級》ということでしたので経験者の方も多数参加頂き、参加者間でも教え/教えられという関係づくりができて、運営サイドとしてもうれしい限りです。

また、東京から現地までの移動に関しては、エコロジーという観点からサポーター及び参加者の皆様で一緒に移動することが効率的という考え方から、そういった運営をさせて頂いています。エコロジーという観点は、ガソリン代や高速代の効率性、現地の駐車場の省スペース化、往復の運転等の疲れ削減等に加え、お客様がおっしゃる通り、電車・バス乗継等の負荷も軽減される効果があると認識しています。

20180120_iceclimbing_02.png
  • TNK 様
  • 投稿日:2018年01月24日

当日は道の凍結により予定よりも大幅にアプローチ時間がオーバーしてしまいましたが、その分、日没ギリギリまで目一杯クライミングを楽しめたのでよかったです。
落差35mある醤油樽の滝は、噂どおり本当に神秘的で迫力があり、何度でも訪れたいと思わせる氷瀑でした。

お店からのコメント

TNK様

お世話になります。サポーターの杉本です。
イベントへの参加、コメント頂きありがとうございました。

おっしゃる通りアイスクライミングは車でのアプローチが非常に難しい場所が多いのです。沢の水が凍ってしまうくらいの氷瀑で楽しむので、その近くまで行く林道や車道も凍ります。イベント当日は、予定より遠くに駐車しましたが、皆様の安全を考慮して判断させて頂きました。

醤油樽でのアイスクライミング自体は満足頂けたようで良かったです!
初めての自然の氷瀑でのアイスでしたが、30m越えの氷瀑は迫力満点でしたね。

あるポイントから見上げると氷と岩壁に包まれている樽の中にいるような不思議な感覚がありますよね。ここは夏には絶対行けないポイントです。自然のアイスには魅力的なエリアがまだまだたくさんありますので、今後も是非挑戦してみてください!

商品カテゴリ

登山

クライミング

レンタル品

スクール&クラス

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

イベントカレンダー(簡易版)
  • 今日
  • イベント(日帰り)
  • イベント(泊まり)

LOC代表紹介

DSCN1942.JPG

はじめまして、ラブジアースアウトドアクラブ(LOC)代表の岡村です。

登山における事故ゼロを目指しています。山登りに関する、計画、装備、体力、技術、知識等のスタンダードを皆様に提供し、自立して楽しめるようにサポートさせて頂きます。

店長日記はこちら >>

ページトップへ